スーパーウォール工法

自由にデザインできるオールシーズン快適住宅【スーパーウォール工法】

スーパーウォール工法とは

SW工法木造軸組工法をベースに高性能SWパネルをプラスした高気密・高断熱・高耐震構造を可能とした高性能住宅工法です。
冷暖房や計画換気システムを組み込んで、部屋ごとの不快な温度差や空気のよどみなどを解消し、住まいの基本性能を大きく向上します。

大坪建築ではリクシル(旧トステム)のスーパーウォール工法を採用しています。

「面」で支えるから地震に強く、硬質ウレタンだから断熱にも優れ、気密性が高い工法だから部屋の温度差が少ない快適な住宅を ご提案します。

※SWとはスパーウォールの略称です。

Point1.温度差が少ない

SW工法で使う断熱材・発砲ポリウレタンは、一般的なグラウウールに比べ熱を伝えにくい優れた素材です。この断熱材で建物全体を包み込むことで、魔法瓶の様な保温性に優れた室内を作ります。

特長としては

部屋の上から下までの温度変化
1.部屋の上下の温度差が少ない
外気に影響されにくく、頭から足もとまで均一な温度の快適空間を保ちます。
2.部屋間の温度差が少ない
冬など不快な温度差を感じるトイレや洗面空間も、SW工法住宅なら冷暖房を合わせて室内温度を効率よくコントロール
3.夏は涼しく、冬は暖かい
高い断熱性能ゆえに外気の影響を受けにくいです。四季を問わず1年中快適な室内温度を保てます。保温性も高いので、冷暖房にかかるコストも抑えられます。

Point2.音が静か

音の出入り住環境では24時間様々な音が飛び交っています。騒音は主に建物の隙間などを出入りしています。
SW工法住宅は、機密・断熱パッキンによるSWパネルの高気密施工で、優れた遮音性を発揮、さらにはSW工法で採用する断熱サッシが、高気密性かつ複層ガラス使用によって遮音性を一層高めます。

80デシベルの不快な騒音も、50デシベル程度まで減衰できます。

Point3.省エネルギー

SW工法は次世代省エネルギー基準適合住宅、木造住宅合理化システム認定を受けています。高気密・高断熱により、外気温の影響を受けにくく、冷暖房を止めても室内温度の変化は緩やかです。少ないエネルギーで快適な温度を保つことが出来ます。
外気温の影響比較

Point4.地震大国ニッポンにふさわしい「モノコック構造×5倍パネル」の高耐震構造

高機能住宅のSW工法住宅は、耐震性能についても性能表示制度において耐震等級3(最高等級)が実現可能です。

力の分散モノコック工法
SW工法住宅は、壁面にSWパネル、床に28mm合板などを使用して強固な箱型を構成する高耐震のモノコック構造。台風や地震などの外力が接合部などに集中し難く、建物全体に分散するため、ひずみや狂いに強さを発揮します。
※モノコック構造とはジャンボジェット機にも用いられる変形しにくい一体構造です。
5倍パネル
構造用合板OSBによって、断熱材を両面からサンドイッチしたSW5倍パネル。その強さは、建築基準法で木造最高となる「壁倍率5倍」の国土交通大臣認定を取得し、地震に強い住まいを実現します。
※実際の建物では、プランにより壁強度を考慮し、壁倍率5倍と2.5倍のSWパネルをバランスよく配置します。
※壁倍率5倍と2.5倍はパネルの取り付け方法が異なり、パネル構造は同じです。
※5倍パネルは東北以南対応商品です。(北海道は2.5場)

地震に強い家にするためには家全体の壁の量と、壁の配置バランスが重要です。SW工法ならプラン段階から専用ソフトで耐震診断が可能です。

Point5.空気がきれい

換気経路イメージSW工法住宅では、C値=1.0という高い機密性能にこだわり、隙間を少なくすることで外気と共に出入りするホコリや花粉を大幅カット。
また、計画された換気経路に基づいて緩やかな空気が流れるので空気のよどみを少なくします。空気のよどみを無くすることで、カビやダニの発生を抑えます。

※C値とは・・・床面積1平方メートル当たりの住まいの隙間面積。数値が小さいほど隙間が小さく機密性に優れていることを示します。